ある合資企業の進退と彷徨う

原创 文/孙柏 时间:2018-08-10 0:19

15年前、東風自動車有限会社の成立をきっかけにして、東風と日産は中国市場で新しい局面を開いた。この素晴らしい合資会社の成功によって、東風は中国の第二グループの地位を確立した。一方、日産は世界のトップ3ランキングに入った。しかし、15年後、最初厚望を寄せていた東風は成長の悩みに陥りました。

8月8日、国内最大の自動車合弁会社である東風自動車有限会社(以下のことを「東風有限」と呼ぶ)は、簡素だが有意義な発表会を通じて15周年を祝った。

2003年6月、この少し控えめで知られない合弁会社設立された。この合弁会社は、当時国内の二番目の自動車グループ会社である東風会社が自発的に変革する最強推進力だけでない。ちょうど崖から中に死ぬために生き返った日産自動車会社が戦略的に中国市場を先に占領した超越でもある。

しかし近年、外部の環境の激変によって、東風有限が担う使命と職責が変わってきている。商用車の業務の壮大と協力の深みに従って、東風商用車は東風有限から自発的に剥離する。また、東風傘下でコア部品業務は東風有限旗の下に帰属し、資本の約束ので、部品業務が集団内部の他の合資会社内の延展を妨げられる。グループは、a株の上場会社で東風自動車も東風有限の中に含まれている。その再融資や事業展開に直接的な障害がある。

さらに重要なのは、特殊な歴史的な原因のため、「東風-東風有限-東風日産」の3級管理モードは、国内でこのような規模の合資会社の中ではめったにない。けれど、このような管理モードは、すでに東風と東風有限傘下で最も核の部分である東風日産の管理効率に影響を及ぼすようになってきた。

最も直接的な表現は、2010年以来東風有限と東風会社がそれぞれの管理システムを深化させることである。東風日産は安定して国内の合弁会社の第一線陣営を維持しているが、2015年から中国のほとんどの新しい車種を導入した。楼蘭、ブルーバード、シーマ·ガラハウとKICKSの4種類「ヤング日産」戦略に基づいて新しい車種は、ほとんどすべて当たり外れた。

徐々に強くなってきた東風日産は、逆に中国の若い消費者の消費の動向を捉えることができず。この裏には日産が理解した若者化と中国市場に必要な若者化は、別々チャンネルでの気まずいものを伝えていることがある。ある程度、東風日産は東風有限と日産とのコミュニケーションには「着位」ができなかった。

全体的な管理の構造からコア事業部の分化まで、合弁会社の製品の本土化能力から自主発展業務まで停滞している。この合資会社は東風自動車の変革と日産自動車の中国に入ることに役に立ったが、今成長の悩みに直面している。

さらに疑うべきなのは、東風有限が一度期待された自主業務ものそりと進んでいる。東風有限子会社になった鄭州日産の傘下にある東風の風度が徹底的に片隅に追いやれる。東風有限にスリム化された東風の風行も拡大になれず。しかも、東風日産から離れて独立したばかりの東風啓辰が東風自主の重要な役割を担当できない。最初大東風自主ブランドの夢を抱いた東風有限はもう方向を見失った。

すでに15歳を迎えた東風有限公司は今年始まる頃「トライアル・ONE」計画を発表した。この会社は2017年152万台を前提として売り上げを100万台増え、2022年には260万台に達し、販売収入は3 , 000億元に達し、年収入3000億元に達するのため、自動車メーカーランキングの前3位に入り、持続発展可能なリードとなっている。

成長を悩んでいる東風有限は、だんだん遠くの初心を取り戻すことができるだろうか。

[一个合资样本的进退与彷徨]から抜粋

分享到:
17
评论专区:
最新评论

汽车公社

一句话点评